副作用のリスクは? | 小型犬用のストロングハートも人間用の医薬品も格安で揃えよう

小型犬用のストロングハートも人間用の医薬品も格安で揃えよう

茶色の瓶と茶色の錠剤

副作用のリスクは?

重なる白の錠剤とカプセル

ペットを飼っている飼い主さんたちの間では様々な噂が情報が飛び交っていますよね。
その中で、最近耳にすることがあるのがフィラリア予防薬は危険であるという意見です。
フィラリア予防薬だけでなくペットのためのグッズがどんどん発達していくと共にこのような意見を口にする人は増えてきているので、フィラリア予防薬に不安を感じる人もいるのではないでしょうか。
また、小型犬用のストロングハートの副作用などはどうなっているのか、安全性はどうなのか、気にしている人も多いのではないでしょうか。

人気のあるフィラリア予防薬であるストロングハートは、安全性も高い薬です。
そもそも日本で安全性が高いとされているカルドメック、つまりハートガードと同じ成分で作られているんですから、安全性が変化したりすることはありません。
ブランド薬と同じ効果、同じ安全性があるのがジェネリック医薬品なので、安心してペットへストロングハートを与えてください。
気になる副作用についてですが、ストロングハートには吐き気やめまい、かゆみ、下痢、痙攣、食欲不振などの副作用が現れることがあるようです。
なので、ストロングハートを与えるときはこれらの副作用についてもよく知っておき、ペットに投与したあとにこれらの症状が出るか、しっかり様子を観察して確認しましょう。
もし副作用が出てしまった場合は、速やかに動物病院へ連れて行くことをオススメします。